吉野研ブログ

今日: 昨日: 累計:
戻る 最新記事へ

【緊急事態】

プロフィール

名前: 吉野研の楽しい仲間たち
自己紹介: 研究室メンバーが吉野研の日常をお送りします!
June, 2024
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<< < 今月 > >>
最近のエントリー
最近のコメント
緊急事態
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
< 100日後に大学に通えるようになる学生~45日目~ 和歌山での豪雪(学会や論文もあるよ)>

自宅待機にまつわるあれこれ

緊急事態 | 2020年 6月 5日(金)20時59分
どうもお久しぶりです.
M1の湯浅です.

ついに全国で緊急事態宣言が解除されましたね.皆さん自粛期間はいかがお過ごしでしたでしょうか?

ちなみにM1はまだ学校に行く許可が降りていないので,私としては自粛期間が明けたといえるのか微妙なところではありますが,いい機会ですので,とりあえず自粛期間で得たもの,気づいたことについて話していきたいと思います.

自粛期間,一言でいうとめちゃめちゃつらかったです…

その一番の要因は,人と全く会えなかったところだと思います.

私は自粛期間の間ずっと和歌山の下宿先にいました.なので,家族もおらず,本当に誰とも会うことなく毎日を過ごしていました.

普段私はそんなに自分が他人を必要としてるとは全く思ってませんでした.
むしろ定期的に一人の時間が欲しくなるタイプだったからです.

でもそれはあくまで学校に行き,研究室に行って皆にあいさつし,一緒にゼミを受けたり研究の相談をしたり.
そういう日常があってこそだったのだと気づきました.

少し前に用事があって久しぶりに実家に帰ったとき,「あ,家族っていいな.ありがたいな」と心から思いました.
一人じゃない,話す人がいるというのはすごくいいものです.

やっぱり人は一人じゃ生きられないんだなと実感しました.

でも,そんなつらい一人きりの生活のおかげで得たものもありました.

自活力です.まあ早い話が料理と運動が出来るようになりました.

大げさでなく料理と運動は,今までの私の人生における二大苦手分野で,一生克服できないだろうと思っていました.

しかし,この自粛期間のおかげで,どちらも楽しんで出来るようになり,自分で自分を管理して生きていけるという自信がつきました.

これは,今回のような特殊な出来事が無かったら,一生起こらなかったかもしれない奇跡だと思います.

さて,長々と無駄話をしてしまいましたが,この期間で色々とがっかりするようなことや,大変なこともありましたが,この特殊な環境下だからこそ気づけたことや得ることができたものもあるので,これからも腐らずに頑張りたいなと思います.

学校に行ける日を楽しみに.
いいね!(5) お疲れ様!(0) 閲覧(354)印刷用
< 100日後に大学に通えるようになる学生~45日目~ 和歌山での豪雪(学会や論文もあるよ)>
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容


投稿するためには上の文字を下のテキストボックスに入力してください。

hbg.cgi Ver. 1.044
Copyright(C) 2009-2013, hidekik.com